泡立て

吉川千明さんのクレンジング論~「泡洗顔をやめるだけ」の真意とは?

美容家であり、オーガニックコスメの第一人者としても知られる吉川千明さんですが、ご自身の書籍で「泡洗顔をやめるだけで美肌になれる」といった意見を発表しています。

吉川千明さんのようなプルプルお肌になれるのであれば、その意見はとても気になるところですよね。

吉川千明さんがおすすめめするクレンジング論と「泡洗顔をやめるだけ」の真意とはどんなものなのでしょうか。また、泡洗顔をやめたら、どうやって洗顔したらいいのでしょうか。

この記事では吉川さんが提唱している「脱・泡洗顔」について詳しくご紹介します。

・ えっ!?泡洗顔はダメなの!?

泡洗顔をやめる

吉川千明さんの著書のタイトルに、衝撃的なものがあります。ズバリ、

『泡洗顔をやめるだけ!美肌への最短の道—忙しい人にもすぐできる、だれでもできる』

というタイトルです。なかなかびっくりするようなタイトルだと思いませんか?

きめ細やかな泡洗顔で、皮脂や毛穴の汚れも落とすといった常識で、毎日せっせと顔を洗っていたというのにそれが間違いだった!?と思われる人も多いでしょう。

では、吉川千明さんが提案する洗顔のやり方とはどのようなものなのでしょうか?

・ 泡洗顔は何がいけないの?

吉川千明さんの本によれば、クレンジングと洗顔料を使用した洗顔、いわゆるダブル洗顔は、乾燥肌や荒れた肌には負担が大きすぎるのだそうです。

泡洗顔は角質を傷つけてしまう可能性や、中性になっているお肌を泡洗顔によってアルカリ性よりにしてしまうこともあると言われます。

泡立て

また、界面活性剤の多いクレンジング剤を使用することにより皮脂を流しすぎ、乾燥肌の原因ともなることから、お肌の改善効果が低いと提案しています。

自分の皮脂は、必要量であれば自分の肌を美しく保つ天然のクリームでもあると、吉川千明さんは書いています。泡洗顔で必要な皮脂を洗い流すことが、肌トラブルの原因となり、化粧品の効果も弱めてしまうそうです。

・ 吉川千明さんがおすすめするクレンジング論

吉川千明さんのおすすめは、洗浄力の優しいクレンジングミルクを使用して洗顔を行うことを推奨しています。クレンジングミルクは脂性の肌も混合肌にも適していて、汚れはきれいに、うるおいを残した状態で洗顔することができるそうです。

さらに吉川千明さんは、クレンジングミルクやコスメも、オーガニックコスメの商品をおすすめしています。肌のトラブルに悩む女性はぜひ一読して、ミルククレンジングで洗顔をしてみませんか?

・ まとめ

美容家・吉川千明さんが提唱するクレンジング論と「泡洗顔をやめるだけ」の真意について紹介しました。

やみくもに泡洗顔をやめるだけではなく、肌に優しいクレンジングミルクを使用することが、美しい肌を作るためのポイントとなるようですね。

お肌のトラブルに悩まされている女性は、ぜひ吉川千明さんの提唱するクレンジングを試してみましょう!

みんなの漢方

吉川千明さんは漢方にも造詣が深いって本当?

美容家の吉川千明さんは漢方に関しても知識が深く、2003年には銀座で、日本で初めての女性専用漢方薬局である「若草漢方薬局」(すでに閉店)を運営していたという経歴があります。

また現在では「NPO法人 みんなの漢方」(http://www.mkampo.net/)の理事を務めているそうです。

みんなの漢方

・ 吉川千明さんと漢方との関わり

吉川千明さんは更年期障害に悩んでいた時期、漢方薬でつらい時期を乗り越えたと語っています。

吉川さんと言えば、オーガニックコスメの第一人者としても知られていますが、オーガニックの主役は植物。植物を食べたり飲んだり、肌に塗ったりすることで植物の持つ力を頂いています。

それ以外でも植物はアロマという香りとして、私たちの心を豊かにしてくれる効果もありますよね。また植物を煎じて飲むのは、漢方薬です。

吉川千明さんが理事を務める「NPO法人 みんなの漢方」(http://www.mkampo.net)では、様々な症状や悩みを持つ女性が質問をしたり、漢方の力で症状が緩和したといった体験の投稿をしています。

漢方薬は飲み続けることでゆっくり症状を抑える効果がある薬です。更年期障害、月経前症候群などの症状に悩む女性は、かかりつけ医や薬剤師に相談をして、漢方を始めてみませんか?

・ 吉川千明さんは漢方薬をたくさん飲んでいる?

冷え取りのためのインタビュー記事では、吉川千明さんは茯苓飲合半夏厚朴湯(ブクリョウインゴウハンゲコウボクトウ)、麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)などの漢方を症状に合わせて服用している、と答えています。

漢方

また吉川千明さんは別の場で、

「漢方で医師に相談するときは、遠慮をしないこと」

をすすめています。

「こんなこと、関係ないかな」

と思わずに何でもお話しすること、これが自分に合った漢方を処方してもらうためのコツのようです。

また漢方薬は人によって効果が変わるものですので、体質によっては効果が得られないといったものもあるそうです。そういった判断をするのは専門家である医師や薬剤師の仕事ですので、何でも相談するようにしましょう。

・ まとめ

吉川千明さんと漢方について紹介しました。吉川千明さんが漢方をすすめていると言うことで、漢方に興味を持った人もいるのではないでしょうか。詳しくは「NPO法人みんなの漢方」のサイトで、自分と似たような症状の人がいないか調べたり、医師に相談するようにして下さい。

漢方の力で元気になれると良いですね!

カウンセラー

吉川千明さんが取得している「メノポーズカウンセラー」ってどんな資格?

吉川千明さんはたくさんの資格を持っていますが、その中で聞き慣れない資格が「メノポーズカウンセラー」という認定資格です。

カウンセラー

メノポーズカウンセラーとはどういった資格なのか、また妹である神﨑貴子さんと運営している「さくら治療院」で、吉川千明さんのカウンセリングを受けられるのか、紹介します。

・ メノポーズカウンセラーとは

生理が完全になくなって一年が経過した状態を閉経と呼びます。また閉経の前後の5年と5年、合わせて10年を更年期と言うそうです。吉川千明さんによれば、更年期のない女性はいないとのこと。日本は更年期障害の治療という概念があまりなく、医療の現場では更年期に対するヘルスケアはほとんど実行されていないという現状であるそうです。

メノポーズ(閉経)カウンセラーは更年期障害に悩む女性に対して、薬だけの治療ではなく、生活習慣を見直し、その人に合った食事や運動などの具体的な方法を患者と共に考えます。

また更年期を迎えた女性のからだ全体を見直し、骨粗しょう症や心臓血管系疾患、もの忘れといった病気を予防して、健康で長生きするために必要な生活についてもメノポーズカウンセラーは提案します。

他にもメノポーズカウンセラーは、更年期の悩み、更年期障害になる原因や対策、更年期から生涯のヘルスケアや医療制度と医療施設、健康法やサプリに関する情報提供などをしてもらえます。

吉川千明さんは、自身も更年期障害に悩んだという経験があることから、同じ症状で苦しむ女性の力になるようにとメノポーズカウンセラーの資格を取得したのかもしれませんね。

・ 吉川千明さんのカウンセリングは受けられる?

吉川千明さんと妹の神﨑貴子さんが運営する、働く女性の保健室「さくら治療院」では、毎週水曜日に吉川千明さんのカウンセリングを行っているそうです。更年期カウンセリングはもちろん、美肌カウンセリングなども行っているので、気になる人は電話090-6186-9150(受付時間:11:00〜19:00)で問い合わせをしてみて下さい。

予約数が少なければ、当日の相談も受け付けていることもあるそうです。更年期障害で苦しい時は、無理をせず専門家に相談すると解決策が見つかるかもしれませんよ。

・ まとめ

吉川千明さんが取得している「メノポーズカウンセラー」についての情報や、吉川千明さんのカウンセリングについて紹介しました。更年期障害は人によって症状の差が大きく、理解がされにくいものです。

更年期障害に悩む人は、メノポーズカウンセラーの資格を持つ吉川千明さんに相談して、一緒に対策を考えてみませんか?

また更年期障害を一人で抱え込み、悩んでいる女性もいます。無理をせずに、医師などに相談して、少しでも体調を整えるようにして下さいね。

ホルモン

「女性ホルモン塾」って何?~対馬ルリ子さんと吉川千明さんの著書・イべント

美容家・吉川千明さんは様々な活動を通して、女性の更年期について正しい知識を知るための活動をしています。

その中のひとつに、産婦人科医師である対馬ルリ子さんと、2002年から「女性ホルモン塾」というセミナーを開催しています。女性ホルモン塾は女性の更年期の過ごし方などを知ってもらうための健康講座で、セミナーの開催数は既に100回を超えているそうです。

吉川千明さんと対馬ルリ子が行っている「女性ホルモン塾」とはどういったセミナーなのか、またお二人の共著などについても紹介します。

・ 「女性ホルモン塾」ってどんなセミナーなの?

ホルモン

女性の一生のうち、更年期は最もつらい時期だと言われ、更年期の過ごし方がその後の人生で健康の質を左右するとも言われるほど、大切な時期であるとのことです。

美容家の吉川千明さんと、日本を代表する産婦人科医師である対馬ルリ子さんの二人は、2002年から「女性ホルモン塾」というセミナーを通して、女性ホルモンの正しい知識や過ごし方についての啓蒙活動を行ってきました。

活動当初の2002年は、まだ女性ホルモンの基礎や更年期について語ることはタブー視されていて、「女性ホルモン」という言葉自体が認知されていなかったと言われます。吉川さんと対馬さんはその間も地道にセミナーを続け、今では開催数も100回を超えたそうです。

セミナーの主な内容は、女性ホルモンや女性の更年期に関する正しい知識、その後の人生を健康に過ごすために大切なことなどを紹介しています。セミナーは毎回100名前後で行われているそうですが、回数を重ねる度に参加する人数は増えているそうです。更年期という時期や、女性ホルモンに対する関心が高まっていることが伺えますね。

「女性ホルモン塾」は不定期に開催されているようですので、気になる人は吉川千明さんの事務所でもあるビオ代官山へのホームページ(http://biodaikanyama.com/gairai.htm)から、開催予定日時を見てみましょう。電話での受け付けもしているそうですので、参加したいという人は早めに予約をしておいて下さいね。

・ 吉川千明さんと対馬ルリ子さんの共著「女性ホルモン塾」とは?

ホルモン

吉川千明さんと対馬ルリ子さんは共著を数冊、出版しています。内容は女性の更年期の症状や体調不良などを、薬や漢方薬だけに限らず、食事やアロマテラピーなどの日常生活で改善するという方法を紹介しています。

特に「女性ホルモン塾」を読んだ人のレビュー評価は高く、

「ホルモンに関する誤解が解けた」

といったコメントも見られます。

地方に住んでいる人や、吉川千明さんと対馬ルリ子さんの「女性ホルモン塾」への参加が難しい、といった人は、こういった本で勉強してみませんか?つらい更年期の悩みやストレスが解消されるかもしれませんよ。

・ まとめ

吉川千明さんと対馬ルリ子さんが発足した「女性ホルモン塾」に関することと、お二人の共著などを紹介しました。女性にとって更年期は避けられない壁。しかし日常生活から気をつけることで、症状が緩和されることもあるそうです。

「女性ホルモン塾」では質疑応答の時間も用意されているようですので、セミナーに参加する人は、ぜひ自分の悩みを改善する為に質問をしてみましょう。更年期の悩みが解消できると良いですね。

※参考サイト

■対馬ルリ子と吉川千明の「もっとキレイの女性ホルモン塾」

http://www.biodaikanyama.com/gairai.htm

■婦人画報と共同開催 ~50歳からのキレイと健康のつくり方~ 「対馬ルリ子と吉川千明の女性ホルモン塾」 100回記念特別セミナーを開催しました

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000011736.html

これからの暮らし方

吉川千明さんが出版されている本、全16冊の内容をご紹介します!

吉川千明さんは、美容やオーガニックコスメ、更年期に関する多数の書籍を出版されています。毎日忙しそうに活動していらっしゃるのに、どこに本を書く時間があるのか、不思議な感じですよね。

今回は、吉川千明さんが出版した本、16冊について、簡単に内容を紹介します。

■「大人の女のキレイ講座」PHP研究所

大人の女の

吉川千明さんが考える大人のキレイとは?キレイはコスメだけではなく、内側からも作れるのです。顔をいきいきと見せるコツや美しさに欠かせない食べ物やハーブなど、女性の悩み別に分かりやすく解説しています。美しい女性を目指す人は必読の本です。

■「美肌・漢方塾―内側から「キレイ」を引き出す 「肌・心・からだ」の不調にこたえるナチュラルな知恵」小学館

美肌漢方塾

長引く不調や肌トラブルを、漢方の力で改善しませんか?コミックタッチのイラストで、漢方や養生法を分かりやすく紹介しています。漢方に不安を抱いている人は、これを読めば解消されるかも?スキンケアや食材、アロマテラピーなども紹介しています。

■「アロマ組み合わせ手帖」地球丸

アロマ

アロマを始めたい、という人におすすめの分かりやすい入門書です。アロマは実際に始めてみると、あれこれとオイルを買い足してしまいますが、「このオイル、何年も使用していない」ということもあるかもしれません。アロマの組み合わせを紹介していますので、必要なオイルを絞ることにも適しています。

■「キレイな“カラダ・心・肌”女性ホルモン塾」小学館

ホルモン塾

こちらの本も、吉川さんと対馬さんの共著となっていて、女性ホルモンのバランスを整えることで頭痛、肩こり、冷えなどの症状を改善するための方法を紹介しています。30代後半からの女性にぜひ読んでもらいたい本です。

■「プレ更年期からの女性ホルモン塾」小学館

ホルモン塾

吉川千明さんと、産婦人科医師の対馬ルリ子の共著。更年期の不調を解消して元気な毎日を過ごすためのポイントなどを紹介しています。最近体調が悪い…と悩んでいる女性にも読んでもらいたい一冊です。

■「家族のための愛情マッサージ」地球丸マッサージ

オーガニックコスメの専門家・吉川千明さんと、スポーツアロマトレーナーの第一人者でもある、妹の神﨑貴子さんが、簡単に効果を実感できるマッサージテクニックを紹介します。初めてでも気持ちよくマッサージが出来ると好評の一冊です。

■「泡洗顔をやめるだけ!」講談社

洗顔

敏感肌だから、何をしても肌トラブルが解消されない、と諦めている人へ。泡洗顔をやめると劇的に肌が変わるそうです!泡洗顔がどうして悪いのか、クレンジングミルクを使用した洗顔方法などを紹介しています。

■「オーガニック・スキンケア入門」主婦の友社

スキンケア入門

タイトル通り、オーガニックコスメやスキンケアを始めたい人へ、年齢や肌の悩み別に最適なオーガニック・スキンケアのレシピを紹介しています。オーガニックに興味がある人も、オーガニックの良い点などを紹介していますので参考にしてみて下さい。

■「はじめてでもよくわかるオーガニック&ナチュラルコスメの事典」マイナビ

ナチュラル辞典

オーガニックを始めたばかりで、まだよく分からない、といった人に紹介したい入門書です。吉川千明さんがおすすめしたい51のブランドとグッズことのおすすめを計342点、紹介した本です。自分に合ったブランドを探す、参考書としても使える本です。

■「一行美容」マーブルトロン

一行美容

「バスルームに置きたい美容救急本」とサブタイトルにある通り、美容家・吉川千明さんが綺麗になるためのビューティテクニックを110個、簡潔に紹介します。

■「大人のオーガニック&ナチュラルコスメ」マイナビ

オーガニックコスメ

年齢を重ねた女性の肌は悩みだらけ。そこで、自然の恵みを取り入れたオーガニックコスメで理想の肌を手に入れる為の紹介本。掲載ブランド総数は112社、アイテム掲載数300点以上を本書で紹介していますので、お気に入りのコスメがきっと見つかるでしょう。

■「オトナのための女性ホルモンの話」宝島社

大人のための

吉川千明さんが40代の時に経験した、いらいらや立ちくらみ。更年期障害と診断された経験を生かして、低用量ピルやホルモン補充療法などについて、またオトナ女子のための美容法について紹介しています。またオーガニックについても分かりやすく解説しています。

■「Life is Beauty 幸せなキレイのつくり方」 PHP研究所

ライフイズビューティ

こちらも吉川千明さんの他に、藤原美智子さん、イネス・リグロンさん、対馬ルリ子さん、堀知佐子さん、大葉ナナコさん、齋藤薫さんのという美容、医療、食のカリスマ的存在ばかりの豪華な共著。さまざまなジャンルで女性のキレイをつくるプロフェッショナルたちが、自身の経験から得た人生のヒントを語ってくれる一冊。「読んでよかった!」という声が多数寄せられています。

■「これからの暮らし方」エクスナレッジ

これからの暮らし方

吉川千明さんの他に、門倉多仁亜さん、吉谷桂子さん、西村玲子さん、李映林さんとの共著であるこの本は、「衣」「食」「住」「緑」「美」の各ジャンルで活躍する5人の女性が、それぞれの専門分野に沿ったライフスタイルを提案してくれる一冊。「これから」の暮らし方のヒントが詰まっています。

■美しくなれる自然療法

自然

なんとなく体調や気分が優れない30代、40代の女性をメインターゲットに、オーガニックの先駆者吉川千明さんが「自然療法」を指南。ハーブやアロマテラピー、鍼灸や漢方、そして食事、運動、入浴、睡眠などの生活習慣まで、普通に暮らしの中でも簡単にできるケアを教えてくれます。

■「これからの美しさの磨き方」KADOKAWA/中経出版

磨き方

40代、50代でも美しさが続く人がやっているすべてのこと…タイトルの「これからの美しさの磨き方」にはそういう意味が込められています。この本では、吉川さんご自身が実践していらっしゃるという植物療法をベースにしたビューティケアを中心に、「これから」を美しく過ごすためのヒントがまとめられています。表紙の吉川さんの写真が美しい!

・ まとめ
吉川千明さんの著書16冊を簡単に紹介しました。どの本も分かりやすい内容で、実践しやすいものばかり。吉川千明さんのファンや、興味を持っているという人にも読んでほしい本ですので、ぜひ手に取ってみて下さいね。

■吉川千明さんの書籍リスト(吉川千明さんのプロフィールより)

http://biodaikanyama.com/profile/